熟練度の低いゲーム屋さん

モーションとかエフェクト寄りの3DCGゲームデザイナー。
雑記とか3DCG関連の記事がメインです。
 窓口:refrain0000@gmail.com

掲載してるテクスチャはフリーで公開しています。

もう一つブログ作りました。ゲームとは全く関係ありませんがご興味ある方はどうぞ→なんでもレビュー屋さん

エフェクト

エフェクトアニメーション【光】

エフェクトアニメーション3つ目は光です。(軽く弾ける感じ)

素材
   kira2wave

   lineglow

    左上のテクスチャは以前ブログで作成したものです。こちら

アニメーションさせたもの
    「3dsMax」で作成。
    光の粒子はパーティクルで表現しています。
   キラキラ_256

エフェクトアニメーション【シールド】

エフェクトアニメーション2つ目はシールドです。

素材
   glowglow2

   guard

    下のテクスチャは四角形に光彩やグラデーション等で簡単に作成しました。

アニメーションさせたもの
    「3dsMax」で作成。
    ↑の横長テクスチャはUVアニメーションで切り替えて使用しています。
   シールド_256


エフェクトアニメーション【ヒット】

今回は今まで作ったエフェクト+αを使って簡単にアニメーションさせてみます。
最近全然更新していなかったのでテスト投稿を兼ねての生存確認。 
以前作成したこちらのテクスチャを使っています。

素材
   lighthit
   sparkwave
    右下のテクスチャのように、同じテクスチャでループ可能なのものは一部分だけ使用することで
    テクスチャサイズを削減できます。

アニメーションさせたもの
    「3dsMax」という3DCGソフトを使って作成。
    上記のテクスチャをそれぞれポリゴンに貼ってアニメーションさせたのが↓になります。
    gifで貼っているのでIEは遅く再生されると思います。
   hit
    3DCGソフトは無料で提供されているものもあるので、ソフトがなくて使ってみたいという方は
    「Blender」「Metasequoia」等を調べてみるといいと思います。

    連番テクスチャで作成したい場合、準備や単純なアニメーションを作るときは楽ですが、
    凝ったものを作ろうとすると苦労します。
    パーツを別々に管理、あらゆる場面で汎用的に扱え、尚且つ修正が容易という点ではやはり
    3DCGソフトやエフェクトツールが強いです。
 


 

エフェクト【ヒット(トゥーン調)】

今回からテイストを変えて、ソーシャルゲーム等でよく見られるようなトゥーン調のエフェクトを作ってみます。

【1】シェイプでアタリを作成
   「シェイプ」を使用して、デフォルトで入っているヒットマークを作成します。
   シェイプに「境界線」を適用、位置を「内側」にします。(サイズは適当)
  ヒット_トゥーン調1

【2】パスを調整
   パスを変形させて形状を変えていきます。
   このへんはお好みで調整してください。
  ヒット_トゥーン調2

【3】仕上げ
   「光彩(内側)」で軽くグラデーションをかけます。
   レイヤーを複製して後ろに置き、境界線を追加します。
   ↓の場合は、複製したシェイプをやや拡大したもの(暗いアウトライン)と、
   境界線を「外側」にして縁取ったもの(明るいアウトライン)を追加しています。
  ヒット_トゥーン調3

エフェクト【ビーム】

タイリングを使ったビームを想定しているので、繋ぎ目のないテクスチャで作成してみます。

【1】グラデーションレイヤーを使って下地作成
   白黒のグラデーションを割り当てて、ビームっぽいニュアンスにします。
   その上に色を置いたグラデーションを「覆い焼き」等で重ねます 。
  ビーム1

【2】線を足す
   照射してる感を出したいので強弱を付けた線を追加していきます。
  ビーム2

【3】ビリビリを描く
   ビームに絡むように電撃っぽいのを追加します。
  ビーム3

【4】色彩調整
   「レベル補正」「トーンカーブ」等でコントラストを上げたり、露光量増やしたりして調整。
  ビーム4


 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:


デザイン ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ