熟練度の低いゲーム屋さん

モーションとかエフェクト寄りの3DCGゲームデザイナー。
雑記とか3DCG関連の記事がメインです。
 窓口:refrain0000@gmail.com

掲載してるテクスチャはフリーで公開しています。

もう一つブログ作りました。ゲームとは全く関係ありませんがご興味ある方はどうぞ→なんでもレビュー屋さん

エフェクト

エフェクト【煙2】

前回は「砂煙」とか「煙炎」で使えそうなノイズかかったテイストの煙を作成しました。
今回は「煙草の煙」や「オーラ」なんかで使えそうな煙を作ってみます。

【1】ブラシで元を描き、変形させる
   ブラシ等(シェイプでもok)でなんとなくの形を作ります。
   「ゆがみ」ツールを使って揺らめきを与えます。(※フィルタの波形を使う方がいいらしい)
  煙B1

【2】煙っぽくする
   【1】を何度か繰り返して、何枚もレイヤーを重ねていきます。
   必要に応じて「フィルタ→ぼかし→ぼかし(ガウス)」を弱めにかけたりして仕上げます。
  煙B2

【3】調整・彩色
   「グラデーションオーバーレイ」を上に置き、「スクリーン」「覆い焼き」「オーバーレイ」
   「ハードミックス」等で重ねます。
   更に調整レイヤーから「トーンカーブ」「レベル補正」で補正をかけて終了。
  煙B3

…光らせすぎた

 

エフェクト【ヒット2】

以前作成したものは異なるワークフローで「ヒット」を作ってみます。

【1】ブラシで元を描く 
    「グラデーションオーバーレイ」を円形にしたレイヤーを作成。(オーバーレイorハードミックス)
   下にレイヤーを作成し、白ブラシでキャンパスの中心を意識しながら筆を置いていきます。
   中心付近の密度を外側より高くするといいです。
  ヒットB1

【2】変形・パーツの追加
   「フィルタ→ぼかし→ぼかし(放射状)」を使って外側へ伸ばします。
    シェイプで円を作成して光彩(内側)を適用、複製して↓のように配置します。
  ヒットB2

【3】色調補正 
   円形を「ぼかし(放射状)」で若干外側に伸ばします。(鋭いエッジを意識するならかけなくてok)
   調整レイヤーの「レベル補正」「トーンカーブ」でバランス調整して終了。
  ヒットB3
 

おすすめのエフェクト本

発売を待ち望んでいたエフェクト本が先週発売されました!
「BISHAMONゲームエフェクトデザイン入門」という書籍になります。

こちらの本はmoko様を始めとする、エフェクトのノウハウを理解された方々が執筆されています。
「BISHAMON」を扱っている方は勿論、私のように使っていない人にもオススメできるエフェクトの参考書籍となっております。

エフェクトの概要からテクスチャの作成、アニメーション、BISHAMONの使用法・活用、その他テクニック多数で内容はかなり濃いです。
洋書あたりで特に多いのが文章の比率が高く過程が分かりにくかったりするのですが、この本は要所要所で丁寧に解説してくださるので詰みません。
驚異の600ページ超えでボリュームも申し分なく、完成度が高いです。

エフェクトを始めようとしている方も、エフェクトを実際に作成している方も手元に一冊置いておきたい書籍だと思います。
この機会にチェックされてみてはいかがでしょうか。

BISHAMONゲームエフェクトデザイン入門 (GAME DEVELOPER BOOKS)
moko
秀和システム
2014-05-28


エフェクト【渦】

前回作成した「煙」を利用して「渦」を作ります。

【1】煙を加工する
   「フィルタ→変形→渦巻き」を適用して変形します。
   渦の強さは任意で。 
  渦1渦2


【2】彩色
   「覆い焼き」「オーバーレイ」で円形グラデーションを上に置きます。
  渦3

エフェクト【煙】

割と使い道が多い「煙」

【1】下準備
   ↓の画像のようにグラデーションの黒枠を作ります。
   作成方法は単純に円形のグラデーションをかけるか、キャンパスの縁に境界線を描いて光彩で伸ばしたり、手描きでランダム的に縁取るのもokです。
  煙0

【2】フィルタの雲模様を使う
   【1】で作成したレイヤーを一番上にして、「フィルタ→描画→雲模様1」を新しいレイヤーに割り当てます。
  煙1


【3】複製・変形を繰り返す
   【2】の手順を2,3回繰り返し、「乗算」「スクリーン」にして重ねていきます。
   更に変形を加えて納得の形になればokです。(【1】レイヤーの上に作ってもいい)
  煙2



【4】彩色
   一応色付けまでやります。
   落ち着いた色合いにしたいので「乗算」で色を重ねます。
   暗くなりすぎるようなら「Shift+Ctrl+Alt+E」でレイヤーを作り、「スクリーン」で重ねるといいかんじ。
  煙3



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:


デザイン ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ