熟練度の低いゲーム屋さん

モーションとかエフェクト寄りの3DCGゲームデザイナー。
雑記とか3DCG関連の記事がメインです。
 窓口:refrain0000@gmail.com

掲載してるテクスチャはフリーで公開しています。

もう一つブログ作りました。ゲームとは全く関係ありませんがご興味ある方はどうぞ→なんでもレビュー屋さん

メイキング

エフェクト【泡】

今回は液体系エフェクトと一緒に出すことの多い泡です。

【1】下地を作る
   「楕円形ツール」でキャンパスの中心から円を作成します。
   「光彩(外側)」を若干、「光彩(内側)」をある程度適用します。
   「サテン」を白で適用し、お好みで不透明度、角度、距離、サイズ等を変更します。
   最後に「グラデーションオーバーレイ」も設定しておきます。
   色の比率を調整して円の内側にグローがかかるようにします。(光彩内側より強くなりすぎないよう注意)
  bubble1bubble2

【2】調整・ハイライトの追加
   「レベル補正」でコントラストを高く調整し、ハイライトを手描き等で追加します。
  bubble3

【3】色味追加
   グラデーションレイヤーを新しく作成し、オーバーレイ等で重ねます。
   必要に応じて調整して終了。
  bubble4


エフェクト【サークル2】

円形エフェクトその2。
円衝撃波を作ってみました。
節約する場合はテクスチャを1/4にしてループで使うといいでしょう。

【1】下地を作る
   「楕円形ツール」でキャンパスの中心から円を作成します。
   レイヤーの塗りを0%にして「境界線」を1pxで割り当てます。
   「光彩(外側)」「光彩(外側)」を加えてグローをかけます。
   (楕円形ではなくパスで作成していってもokです。) 
  サークル2_1

【2】下地を作る2
   「ノイズ」を割り当てたレイヤーをに「ぼかしガウス(移動)」を割り当てて伸ばします。
   「極座標」で中心から拡がるように変形させます。
  サークル2_2サークル2_3

【3】レイヤーを合成・仕上げ
   【2】で作ったレイヤーを「覆い焼きカラー」等で重ねます。
   その上にグラデーションを「オーバーレイ」等で色を割り当て、露光量やレベル補正等で調整して終了。
  サークル2_4サークル2_5

エフェクト【ヒット(トゥーン調)】

今回からテイストを変えて、ソーシャルゲーム等でよく見られるようなトゥーン調のエフェクトを作ってみます。

【1】シェイプでアタリを作成
   「シェイプ」を使用して、デフォルトで入っているヒットマークを作成します。
   シェイプに「境界線」を適用、位置を「内側」にします。(サイズは適当)
  ヒット_トゥーン調1

【2】パスを調整
   パスを変形させて形状を変えていきます。
   このへんはお好みで調整してください。
  ヒット_トゥーン調2

【3】仕上げ
   「光彩(内側)」で軽くグラデーションをかけます。
   レイヤーを複製して後ろに置き、境界線を追加します。
   ↓の場合は、複製したシェイプをやや拡大したもの(暗いアウトライン)と、
   境界線を「外側」にして縁取ったもの(明るいアウトライン)を追加しています。
  ヒット_トゥーン調3

エフェクト【ビーム】

タイリングを使ったビームを想定しているので、繋ぎ目のないテクスチャで作成してみます。

【1】グラデーションレイヤーを使って下地作成
   白黒のグラデーションを割り当てて、ビームっぽいニュアンスにします。
   その上に色を置いたグラデーションを「覆い焼き」等で重ねます 。
  ビーム1

【2】線を足す
   照射してる感を出したいので強弱を付けた線を追加していきます。
  ビーム2

【3】ビリビリを描く
   ビームに絡むように電撃っぽいのを追加します。
  ビーム3

【4】色彩調整
   「レベル補正」「トーンカーブ」等でコントラストを上げたり、露光量増やしたりして調整。
  ビーム4


 

エフェクト【煙2】

前回は「砂煙」とか「煙炎」で使えそうなノイズかかったテイストの煙を作成しました。
今回は「煙草の煙」や「オーラ」なんかで使えそうな煙を作ってみます。

【1】ブラシで元を描き、変形させる
   ブラシ等(シェイプでもok)でなんとなくの形を作ります。
   「ゆがみ」ツールを使って揺らめきを与えます。(※フィルタの波形を使う方がいいらしい)
  煙B1

【2】煙っぽくする
   【1】を何度か繰り返して、何枚もレイヤーを重ねていきます。
   必要に応じて「フィルタ→ぼかし→ぼかし(ガウス)」を弱めにかけたりして仕上げます。
  煙B2

【3】調整・彩色
   「グラデーションオーバーレイ」を上に置き、「スクリーン」「覆い焼き」「オーバーレイ」
   「ハードミックス」等で重ねます。
   更に調整レイヤーから「トーンカーブ」「レベル補正」で補正をかけて終了。
  煙B3

…光らせすぎた

 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:


デザイン ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ